Watering Can

Client:Kaen Jyusai

Year : 2016

Designer : Keita Suzuki (Assistant designer : Miki Mochizuki)


商品名:銅の水差し

クライアント:花園樹斎

制作年:2016年

製作場所:新潟県燕市(日本)

デザイナー:鈴木啓太(アシスタントデザイナー:望月未来)

 

プラントハンター西畠清順中川政七商店がプロデュースする日本の園芸文化の楽しさを再構築するブランド「花園樹斎」のための銅製ジョウロ。日本らしさを感じるジョウロを作って欲しいという依頼を受け、日本のジョウロの歴史をリサーチしてみると、江戸時代には既に銅製のジョウロがあり、それは背の高い形状をしていたことが分かった。花入のような縦型のフォルムは日本らしさを感じるもので、このイメージを用いながら、ハンドルを機能的なものにすることを考えた。ハンドルに角度を付けることで、僅かな傾きでも勢いよく水が注げ、手首の負荷を大幅に減らすことができる。奈良の大仏にも用いられている金属同士を溶接する技術を用いることで錆びることなく使い続けられることや、接合面から水が漏れないよう設計することなど、製造面でも工夫をした。


ARCHIVES アーカイブ