Train Station Bench

Benches with individual seats in train stations are very narrow and because of the tight spacing, users tend to skip a seat to avoid sitting next to each other. We decided to remove the baggage rack and expanded the width of the seats up to its limit. The spacious 670mm wide seat does not only create a comfortable distance between the person sitting next to you, but it also allows you to place your bag beside you, preventing misplacement. It also has enough space for little children to sit together with their parent. The legs are made of cast metal to add weight, making it difficult to move and to prevent vandalism and accidents. As a result, the foundation work for the installation was unnecessary and only required a basic fixation used for the setting out.

駅のベンチ

駅のベンチはシートの幅が狭いため、隣席との間隔が気になり、ひとつ間を空けて使われることが多かった。単純に座席の幅を広くすれば良いのだが、ホームを狭くしてしまうことに繋がるため難しい。現状のベンチサイズを厳守したまま、限界まで座席を広くするために、座席横の荷物置きを無くすことを考えた。すると座席は幅670mmにまで広くなり、隣の人との距離は全く気にならなくなっただけでなく、他にもさまざまなメリットを生み出した。座席が広くなると、身体の横にバッグを置けることで荷物の置き忘れ防止につながり、小さな子供であれば親子で座ることもできる。脚部は鋳物にし、あえて重量を持たせ「重たいベンチ」として設計した。簡単に動かせないというだけで、イタズラや事故を防止でき、大がかりな基礎工事の必要がなくなる。適切な位置に固定するための簡易固定だけで設置が可能になった。

CREDIT

Title: Train Station Bench
Year : 2016
Client : Sagami Railway
Designer : Keita Suzuki
Creative Director:Manabu Mizuno (good design company), Tsuneo Ko (Tansei-sha)
Photo:bean

タイトル:駅のベンチ
制作年:2016年
クライアント:相模鉄道
デザイナー:鈴木啓太
クリエイティブディレクター:水野学(good design company)、洪恒夫(丹青社)
写真:bean

PROCESS