Commuter trains can be extremely packed during busy hours, and passengers are unlikely to be standing in front of a train handle. This is why an elliptical ring that could be easily grabbed from any direction was designed. An appropriate corner radius was applied on the edges of the casing, the piece hiding the metal fitting which secures the belt, for easier grip. A geometric pattern was embossed on the belt to create contrast. All of the parts were unified in gray color, making it difficult to spot any dirt.

混雑時の通勤車両では、乗客は必ずしも吊り革の正面に立てるとは限らない。そこで、どの方向からも掴みやすいリングの形を考証し、一から新しく設計した。リングの断面は三角形にし、適度な指の引っ掛かりを作っている。ベルトの鞘はエッジに丸みを持たせ、握られる形状に変更。大胆にロゴマークを刻印した。誰にも見られることはないが鞘とベルトの接合部の美しさにもこだわった。ベルトには幾何学柄のエンボスパターンを設け、主張のあるデザインにした。製品のカラーは全パーツをグレートーンで統一し、汚れが目立ちにくいよう配慮している。

CREDIT

Title : Train Handle
Year : 2016
Client : Sagami Railway
Designer : Keita Suzuki
Creative Director:Manabu Mizuno (good design company), Tsuneo Ko (Tansei-sha)
Photo:bean

GOOD DESIGN AWARD 2016

タイトル:吊革
制作年:2016年
クライアント:相模鉄道
デザイナー:鈴木啓太
クリエイティブディレクター:水野学(good design company)、洪恒夫(丹青社)
写真:bean

GOOD DESIGN AWARD 2016