Spoon for Meiji Essel Super Cup

Meiji Essel Super Cup does not come with a dedicated spoon. In accordance with the shape of the container, we came to a spoon that possesses the most suitable functionality and form. The approach taken to finding the ideal form is one means of learning about the properties of ice cream and the functionality of the container.

Things made possible with this spoon:
1. The basic actions(stabbing, scooping, cutting, and carving)
can all be performed with this one utensil.
2. It is easy to use because the outline of the spoon matches
the angle of the container.
3. A shape for the spoon tip that makes it easy to scoop up
ice cream stuck in the corner.
4. There is no front, back, top or bottom, so it can be used from start to
finish without the user ever accidentally holding it in the wrong way.
5. The“Meiji” logo that is gripped with the fingers also serves
to prevent slippage.
6. The 0.5mm “wall” formed around the perimeter keeps
the ice cream from slipping and falling off.
7. The gold color makes the ice cream stand out,so you never accidentlly leave any ice cream unfinished.
8. The spoon is made in dimensions that fit inside the container so that it can be disposed of together with the container.
9. It is made of plastic, which keeps the cost down. Also,the plastic doesn’t interfere with the aroma or flavor of the ice cream.

明治エッセルスーパーカップ 専用スプーン

21_21 DESIGN SIGHTの企画展「デザインの解剖展」出展作品。PRODUCT DESIGN CENTERが考える[デザインの解剖]とは専用プロダクトを作ることではないかと思い、明治エッセルスーパーカップ専用スプーンをデザインした。この作品に関わらず、プロダクトデザインはコミッションワークである。対象物を入念にリサーチした後、物を形成する要素を抽出し、各要素のバランスを取りながら機能と美しさを進化させ、一つの形にまとめ上げる。椅子を作るためには人を知らなくてはならず、スプーンをつくるためにはアイスクリームを知らなくてはならない。プロダクトデザインのプロセスそのものは[解剖]であると改めて感じた。

このスプーンで実現したこと:
1. 基本操作( 刺す・掬う・切る・削る)が全てこの1本でできる。
2. 本体のアウトラインが容器の角度に揃っているから食べやすい。
3. 角に溜まったアイスクリームを掬いやすいスプーンの先端形状。
4. 裏表も上下もない形状により、初めから最後まで迷わず使える。
5. 指で掴むと「meiji」ロゴが、滑り止めの機能を果たし滑らない。
6. 0.5mmの壁を全周に作ることでアイスクリームが滑り落ちない。
7. 金色はアイスクリームが目立つので食べ残してしまうことが無い。
8. 容器に収まる寸法で作られているため容器と一緒に廃棄できる。
9. プラスチックで製造されコストが安い。香りや味も邪魔しない。

CREDIT

タイトル:明治エッセルスーパーカップスプーン
制作年:2016年
クライアント:21_21 DESIGN SIGHT
デザイナー:鈴木啓太
展覧会ディレクター:佐藤卓、岡崎智弘
写真:Bean

Title : Spoon for Meiji Essel Super Cup
Year : 2016
Client : 21_21 DESIGN SIGHT
Designer : Keita Suzuki
Creative Direction : Taku Satoh, Tomohiro Okazaki
Photo : Bean

 

PROCESS