URUSHI Bathtub

松竹梅

リ・バリュー・ニッポン プロジェクト
2015

クリエイティブディレクター:中川政七(中川政七商店)
バスタブ制作:KANEJIN
漆塗り:木曽アルテック
デザイン:鈴木啓太(アシスタント:廣村沙也加)

中田英寿氏の「REVALUE NIPPON PROJECT」のために制作された2メートルを超える巨大な漆塗りの風呂。伝統的な漆塗りの手法で仕上げられた大きな「梅」に、「松竹」を蒔絵であしらった栓をデザインした。この作品はオークションに掛けられ、落札者が実際に使用できるアートである。風呂の構造設計は、量産品と変わらないほどに細部まで作り込んでいる。

URUSHI Bathtub

REVALUE NIPPON PROJECT
2015

Creative Director: Masashichi Nakagawa
Manufacture: KANEJIN INC.
Artisan:Kiso Artec INC.
Design : Keita Suzuki

This huge lacquered bathtub, exceeding 2 meters in diameter, was made for the REVALUE NIPPON PROJECT organized by Hidetoshi Nakata. A traditional lacquering technique was used to finish the huge plum shaped bathtub, and the pine and bamboo were treated on the drain plug with gold lacquer.Though it was auctioned as an art piece, it could actually be used. For that reason, the structure has been thoughtfully designed with details just like any mass produced bathtubs.