NORM

The goal of this prototype smartphone made together with KDDI, as its name suggest, was to come up with a formative language for a smartphone that was universal and beautiful. We came up with a theory that the universal quality in which the shape of a smartphone could create, was preventing the glass screen from cracking. Based on our theory, we selected the material for the frame, thickened the four corners, and when the level of glass screen was slightly lowered below the four corners, this structure has already made an attractive form. “Uncrackable” was the design purpose for the front side, so our goal for the back side was “non-slip.” We carved chunks of wood in the studio as we were thinking of the shape, and applied a rubber-like finish at the end. A beautiful smartphone was created from function. Many of the works at PRODUCT DESIGN CENTER consists of developing formative language. We continue to design a design through a process where we clarify what functions we want to set out and how the form should be in order to reach the goal.

ノーム

KDDIと作り上げたスマートフォンのプロトタイプは、NORMという名の通り、普遍的で美しいスマートフォンの造形言語を開発する目的があった。形が生み出せるスマートフォンの普遍的な価値は、スクリーンのガラスが割れないことではないかという仮説を立て、フレームの素材を慎重に選定し、四隅に厚みを設け、スクリーンをフレームより一段下げた面に構成した。それだけのアイディアだけで、充分に魅力的な造形になった。表面のデザインは「割れない」ことを、背面のデザインは「滑り落とさない」を目標とした。スタジオで木の塊を削り、形を考え、最後にはラバー風の塗料で塗装をした。手で使うものは手で考えるという信条がある。背面のカメラやフラッシュのレイアウトは誠実に使い勝手を検討し、緻密に整頓した。機能から生まれたストイックで美しいスマートフォンができた。PRODUCT DESIGN CENTERの仕事の多くに「造形言語の開発」がある。目指したい機能をクライアントと協議し明快にし、それを叶えるための形はどうあるべきかというプロセスでデザインを作る。本当に機能する実在的なデザインの開発を目指している。

CREDIT

Title : NORM
Year : 2015
Client : KDDI
Designer : Keita Suzuki
Photo : Kentauros Yasunaga, PRODUCT DESIGN CENTER

タイトル:NORM
制作年:2015年
クライアント:KDDI
デザイナー:鈴木啓太
写真:安永ケンタウロス、PRODUCT DESIGN CENTER