Biography

鈴木 啓太

プロダクトデザイナー/PRODUCT DESIGN CENTER 代表。1982年愛知県生。多摩美術大学プロダクトデザイン専攻卒。株式会社NECデザイン、イワサキデザインスタジオを経て2012年独立。同年デザインオフィス「PRODUCT DESIGN CENTER」ブランド「THE」設立。物の歴史を一歩進める「堅実な革新」をテーマに、新しいプロダクトの創造に取り組む。2015年『サンテティエンヌ国際デザインビエンナーレ』招待作家。2016年『HUBLOT DESIGN PRIZE 2016』ファイナリスト(アジア人初)。金沢美術工芸大学客員教授。グッドデザイン賞最年少審査委員。デザインあ「デザインの人」(Eテレ)出演。

 

 

受賞歴

ボンベイサファイア アートオブマティーニ2006 グランプリ(日本、イギリス)
グッドデザイン賞(日本)
iF プロダクトデザインアワード(ドイツ)
レッド・ドット・デザインアワード(ドイツ)
東京ミッドタウンアワード(日本)
ロンドン・インターナショナルデザインアワード 2015(イギリス)
D&AD 2016 グラファイト・ペンシル(イギリス)
One Show 2016(イギリス)
ウブロ デザインプライズ 2016 ファイナリスト(スイス)


KEITA SUZUKI

Product designer / PRODUCT DESIGN CENTER. Born in 1982. Graduated from Tama Art University’s product design program. After his experiences at NEC Design and IWASAKI DESIGN STUDIO, Keita established PRODUCT DESIGN CENTER and the brand THE in 2012.Under his theme “steady innovation”, Keita continues to advance the history of products step by step to create new products. He participated in the Biennale Internationale Design Saint-Etienne 2015 as a guest designer. In 2016, Keita became the first Asian designer to be selected as a finalist for the HUBLOT DESIGN PRIZE 2016. That same year, he was chosen as the youngest juror for the GOOD DESIGN AWARD.

 

Design Award

Bombay Sapphire “”Art of Martini 2006” Grand-Prix winner ( Japan, UK )
Good Design Award ( Japan )
iF Product design award ( Germany )
red dot design award ( Germany )
Tokyo Midtown Award 2009 ( Japan )
London international Award 2015 ( UK )
D&AD Graphite Pencil 2016 ( UK )
One Show 2016 ( US )
HUBLOT DESIGN PRIZE 2016 Finalist ( Swiss Confederation)