The FUJIYAMA GLASS is a beer glass in which when beer is poured, Mt. Fuji will make its appearance doubtlessly. When the glass was awarded the Manabu Mizuno Prize in the Tokyo Midtown Award back in 2008, it was originally designed as a “daily use souvenir” for foreign tourists. Just after being commercialized, however, it became a popular gift for the Japanese. Many have reached me saying they’ve bought it or they’re using it, and some even told me how their business with foreign companies turned out successful because of the glass. Soon after Mt. Fuji was selected as a World Heritage Sight, the glass was introduced in various media, sparking the craze of Mt. Fuji. Just when the Mt. Fuji fever settled down, I was contacted by the organizer of the biennale in France, requesting me to send this glass because Sam Hecht had selected it for an exhibition he was organizing. The glass, which I gratefully sent, was displayed beside Ronan and Erwan Bouroullecat the biennale. This may have been a trigger for the glass to be selected as Best Product 2015, coordinated by Designboom. The following year, Marva Griffin has recommended me in for the HUBLOT DESIGN PRIZE, in which one of the jury was Ronan and Erwan Bouroullec. This glass exists as a result of connections with various people, and has helped expand even more. The glass gas given me the opportunity to start THE with Mr. Mizuno, and after a decade, he invited me for an opportunity to design trains. Sugahara Glassworks Inc., the manufacturer of the FUJIYAMA GLASS, was the one that made my martini glass for the Bombay Sapphire back when I was representing Japan as a student. When I was designing this glass, I was still employed as an in-house designer, and I kept making prototypes of this glass in a cold room after work. Perhaps designers aren’t suppose to design for themselves these days, however, you should be making whatever you want to make.

富士山グラスはビールを注ぐと、そこに紛れもなく富士山が現れるビールグラス。2008年の東京ミッドタウンアワード(水野学賞)を受賞した際には、外国からの観光客が自国に持ち帰って使うことができる「日用品のスーベニア」としてデザインしたが、その後商品化されると、日本国内でギフトとして人気になった。さまざまな人から買いました、使っていますの連絡があり、中にはこのグラスのお陰で海外企業との商談がうまくいったという話もあった。その後、富士山の世界遺産登録が決定すると、このグラスは富士山ブームの火付け役として度々メディアに登場した。日本での富士山ブームが一段落したころ、フランスのデザインビエンナーレ事務局から、この作品をプロダクトデザイナーのサム・ヘクトが自身の企画展でセレクトしたから送ってほしいと連絡があった。喜んで作品を送ると、ビエンナーレの会場でRonan and Erwan Bouroullecの隣に展示されていた。これがきっかけになったのか、その年の年末にはDesignboom(英)の「Best Product 2015」に選ばれ、2016年にはグラスを気に入ってくれたMarva Griffinが、HUBLOT DESIGN PRIZEの書類選考で僕を推薦してくれることになる。HUBOLOIT DESIGN PRIZEの審査委員はRonan Bouroullecだった。このグラスはいろいろな縁で生まれ次々に新しい縁を生み出してくれる。このグラスがきっかけでgood design companyの水野学さんとはTHEを始めることになり、それから10年後、水野さんに再び声を掛けてもらって電車のデザインができることになった。グラスを製造する菅原工芸硝子は、僕が学生の頃にBombay Sapphireのマティーニグラスのデザインで日本代表になった時に、作品を作ってくれた縁もあって商品として販売を始めてくれた。富士山グラスをデザインした時、僕はインハウスデザイナーとしてNECに勤めていて、仕事終わりの夜中にこのグラスの模型を作っていた。自分のために何かをデザインするのは、デザイナーとしては駄目な時代とも言われるが、作りたいものは作った方がいいのだと思うし、それが道を切り開いてくれることもある。

CREDIT

Title : FUJIYAMA GLASS
Year : 2012
Client : Sugahara
Designer : Keita Suzuki
Package Designer:Manabu Mizuno (good design company)
Photo : Bean, Kenta Hasegawa

タイトル:富士山グラス
制作年:2012年
クライアント:菅原工芸硝子株式会社
デザイン:鈴木啓太
パッケージデザイン:水野学(good design company)
写真:bean、長谷川健太