9000_SAGAMI-RAILWAY_11.jpg

Sotetsu 9000 Series Rail Car Redesign

Boldness was required to create a uniform impression for the redesign of the railcars, due to the mixed use of new and old parts. A big design composition was done by painting the whole exterior with metallic blue, specifically named the YOKOHAMA NAVY BLUE, and completely renewing the colors for the interior. The train handle and the partition were designed completely from scratch, deeply considering safety and comfortability. Genuine leather was used for the seat covers on the transverse seating bays, to ensure the enhanced quality in areas where passengers have direct contact. The lighting temperature transitions as the time shifts from day to night.

相模鉄道9000系 リニューアル車両

リニューアル車両のデザインは新旧のパーツが入り混じるため、統一されたデザインの印象をつくるためには、大胆にデザインを構成することがが求められる。この車両ではクリエイティブディレクターが作り上げた「YOKOHAMA NAVY BLUE」(メタリックブルー)で外装を丸塗りし、インテリアは落ち着いた印象のグレートーンで車内統一し、色彩による大きなデザインの構成を作り上げた。吊革と袖仕切りは、安全性と快適性に配慮し新規で製作。ボックスシートには本革を使用するなど、人が触れる部分の質を高めた。車内の照明は昼と夜で色温度が変わるように設定されている。車内ステッカーまでもが一新されており、新しい通勤車両の姿を想像させるデザインの考え方が随所に散りばめられている。

CREDIT

Year : 2016
Category : Product Design
Client : Sagami Railway
Designer : Keita Suzuki
Creative Director:Manabu Mizuno (good design company), Tsuneo Ko (Tansei-sha)
Design Support : GK Industrial Design
Photo:Shin Suzuki (Exterior), Kenta Hasegawa (Interior)

GOOD DESIGN AWARD 2016

制作年:2016年
カテゴリー:プロダクトデザイン
クライアント:相模鉄道
デザイナー:鈴木啓太
クリエイティブディレクター:水野学(good design company)、洪恒夫(丹青社)
デザインサポート:GKインダストリアルデザイン
写真:鈴木心(エクステリア)、長谷川健太(インテリア)

GOOD DESIGN AWARD 2016